シリーズ・SDGs実現に挑む 金融タスクフォース設立 横浜市・事業者の取り組みを後押し

この記事を読むのに必要な時間:約1分

市庁舎で第1回会合。前列中央が林市長

 横浜市(林文子市長)は7月29日、SDGs推進のための枠組み「Y-SDGs金融タスクフォース」を市内に拠点を持つ金融機関と共に設立し、第1回の会合を市庁舎で開いた。

 横浜市は昨年8月から、横浜市SDGs認証制度「Y-SDGs」の運用を開始している。同認証制度は環境、社会、ガバナンス、地域の4つの分野、30項目で評価し、取り組み状況を3段階で認証するもの。市内事業者の持続可能な経営や取引先の拡大に加え、投資家や金融機関のESG投資などに活用されることを目指している。既に195の事業者(6月末現在)が認証を取得している。

 タスクフォース設立により、横浜市と金融機関が連携し、市内事業者へのSDGsの取り組みを促進する。参加金融機関(五十音順)は神奈川銀行、かながわ信用金庫、川崎信用金庫、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、横浜銀行、横浜市信用保証協会、横浜信用金庫の9機関で、定期的に会合を開く。

 第1回会合の場で、林市長は「SDGsの達成と脱炭素社会の実現に向けて〝オール横浜〟で取り組むために金融機関と一緒にタスクフォースを設立した。今回のタスクフォースを通じて市内事業者のSDGs普及を加速させたい」と抱負を述べた。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています