【不動産テック.BIZ PRESETS WEBセミナー】2022年、不動産実務はどう変わる? ー電子契約解禁で進むデジタル化ー

大京穴吹不 高額物件の専門店舗 東京・麻布に1号店 買取再販も強化

この記事を読むのに必要な時間:約2分

麻布十番駅から徒歩3分に立地 広々とした商談スペース

 大京穴吹不動産は10月1日、都心の高額物件を専門に扱う仲介店舗「麻布レジデンスサロン」(東京都港区)をオープンした。同社が高額物件を専門に扱う仲介店舗を開設するのは今回が初めて。近年、港区を中心に都心の高額中古市場は拡大傾向で、大手不動産流通各社は専門店舗を都心に相次ぎ出店している。同社では、仲介だけでなく買取再販やリフォーム、賃貸など総合的な提案で差別化を図り、更なる成長を目指す。

 同店舗は都営大江戸線と東京メトロ南北線の麻布十番駅から徒歩3分のビルの2階に位置する。入り口から左右に1つずつ設けられた商談スペースは、いずれも通常の2倍近い20m2ほどの広さがある。更に、顧客がその場で遠方の家族や税理士らと相談できるようにオンライン専用の個室も備える。店舗スタッフは、社内でも特に顧客からの評価が高い営業担当者6人を集めた。

成約、価格共に上昇

 東日本レインズによると、都内の1億円以上の中古マンション成約件数はこの5年間で約3倍に増加。都心3区(千代田、中央、港)でのマンション価格は現在(21年4~6月平均成約価格)7960万円で5年前と比べて2700万円近く上昇している。

港区で顕著

 同社によると、中でも港区は高額物件の取引増加が顕著で、また築40年を超える物件も多く豊富なストックがあるエリア。顧客層は「いわゆる会社経営者などの富裕層だけでなく、最近は高所得の共働き夫婦も目立つ」という。忙しく、あまり時間や手間をかけたくないというニーズも強いため、仲介だけでなく、自社で買い取り、リノベーション後に再販する事業「リノアルファ」の提案にも力を入れていく。

 同店舗を中心に、1億円以上の高額物件の買取再販を年間100戸以上手掛けていく計画だ。

 富裕層向けの専門仲介店舗は、三井不動産リアルティや住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産ソリューションズなど大手流通各社も都心部で出店している。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています