不動産テックEXPO

ヴィス×ビットキー 業務提携 働く場の共同事業 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 デザイナーズオフィス事業などのヴィス(大阪市北区)は、不動産テック企業のビットキー(東京都中央区)と9月14日に業務提携した。ヴィスはコンサルティングサービスを強化する。ビットキーが提供する、あらゆるものを最新技術でつなぐ『workhub』(ワークハブ)を軸としたスマートロック技術などに関して〝働く空間〟で更に活用の幅を広げられるように共同サービスを開発する。

 ビットキーが提供する『workhub』は、受付システムやスマートロック、受信機器のビーコン、座席を予約するホテリング、会議予約システムなどのさまざまなサービスと連動ができる。ヴィスは、働く場を可視化調査するサービス『wit』(ウィット)や、組織改善調査ツール『ココエル』などの、データを活用した新たなサービスの提供も始めている。両社の技術やノウハウを融合して、オフィス内で個々のサービスを完結させるのでなく連動させて、幅広くデータを通じた分析なども行えるようにする。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
賃貸不動産経営管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています