マンションリフォームマネジャー試験のご案内

売買仲介、再エネなど伸長一昨年の水準へ回復 東急不HD21年度第2四半期

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 東急不動産ホールディングスは11月4日、22年3月期第2四半期連結決算を公表した。コロナ禍の影響により落ち込んだ前年同期から大幅な増収増益となり、ほぼ一昨年同期の水準へと回復した。売買仲介事業の好調や再エネ事業の稼働施設増などが主な要因。管理運営事業においても、マンション・ビル管理の業務再開による反動増などにより業績が下げ止まっている。なお、通期業績予想は売上高を下方修正している。

東急不動産HD

決 算 22年3月第2四半期

売上高 4,117億円 (7.3%)

営業利益 335億円 (97.5%)

経常利益 268億円 (121.7%)

当期利益 143億円 (2283.9%)

予 想 22年3月

売上高 1兆100億円 (11.3%)

営業利益 800億円 (41.5%)

経常利益 665億円 (42.8%)

当期利益 300億円 (38.4%)

連載「決算」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています