【不動産テック.BIZ PRESETS WEBセミナー】2022年、不動産実務はどう変わる? ー電子契約解禁で進むデジタル化ー

大言小語 変わらぬ風景

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 日を追うごとに、冬空に変わっている。緊急事態宣言が明けて、街中では徐々に賑わいを取り戻しているようだ。特にテナント入居の飲食店などは、営業時間などで制約がなくなり、ようやく通常通りに賃料を支払えると、胸をなでおろしているのかもしれない。

 ▼電車内は以前ほどではないものの、朝夕に通勤・通学者で多少の混雑がみられる。相変わらずに、「足を組んだり、投げ出したりすると、ほかのお客様の迷惑になります…」という〝効き目〟のないアナウンスが車内で空しく流されている。

 ▼オフィスでは社会状況の変化の後押しを受けて最新のITツールの導入が広がった。さまざまな業務がデジタル化され始めている。不動産業界では、電子書面交付の解禁が目前に迫って、電子契約サービスなどの操作方法に慣れておく必要がありそうだ。

 ▼セミナーの聴講は、最新サービスを知る方法の一つ。ただ、視聴後に困るのは、そのITサービス提供企業からの「営業電話」がしつこいこと。セミナーでは、「情報共有が容易で、業務を効率化できる」とうたうが、営業電話に対応させられて業務で非効率を強いられるのは皮肉なもの。

 ▼明確に断っているのに、同じ企業から電話が掛かる。営業担当者同士で訴求先リストを共有していないのだろうか。業務のデジタル化が進展しても、先進するIT企業であっても、昔ながらの営業スタイルは〝変わらぬ風景〟だろうか。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
宅建解答解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています