【不動産テック.BIZ PRESETS WEBセミナー】2022年、不動産実務はどう変わる? ー電子契約解禁で進むデジタル化ー

決算 ウッドショックで赤字 アールシーコア・4月~9月

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 ログハウス等の企画・製造・販売を手掛けるアールシーコア(東京都渋谷区)は11月12日、22年3月期第2四半期(4月~9月)の決算を発表した。受注高は前年同期比13.6%増の84億5400万円を計上したが、ウッドショックの影響による部材調達コストの上昇、納工期の長期化を要因に赤字決算となった。通期の業績予想は下方修正した。

 下期は分譲事業を強化する。22年1月~2月には分譲地開発として長野県小諸市の20区画、福岡県那珂川市の25区画、千葉県いすみ市の10区画の販売を開始する。加えて、宅地として計35区画の販売を進める。可動式ログ小屋の販売も強化していく。下期は150台、来年度は1000台の販売を目指す。

アールシーコア

決 算 22年3月第2四半期

売上高 82億2,300万円 (7.9%)

営業利益 △6,400万円 (―)

経常利益 △8,100万円 (―)

当期利益 △2,100億円 (―)

予 想 22年3月

売上高 165億円 (4.5%)

営業利益 8,000万円 (―)

経常利益 3,000万円 (―)

当期利益 3,000万円 (―)

連載「決算」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
宅建解答解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています