マンションリフォームマネジャー試験のご案内

TRUSTDOCK 信頼の基盤づくりへ 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 オンラインで本人確認ができる「eKYC」サービスなどを提供するTRUSTDOCK(東京都千代田区)は、本人確認・認証、デジタルIDに関して第三者の専門的な意見を求めるため、21年7月に設置した同社の諮問機関「アドバイザリーボード」の中間のとりまとめを、同年12月15日にウェブで配信した報道機関向けの勉強会で明らかにした。今夏に総とりまとめを行う。今後は、議論の結果や蓄積してきた知見を広く社会に還元していく。

 当日は、21年8月に同社などが実施した合同調査結果を紹介。非対面の本人確認が一定程度に認知され、外出しないで完了するなどのメリットがある一方、個人情報の扱いに不安の声も多いと説明した。同社社長の千葉孝浩氏は、「法令上の要請に限らず、活用場面が増えている。多面的な視点の議論に基づく、本人確認で信頼されるデジタルインフラの構築が求められている」と背景を説明した。

 同諮問機関では、大学教授や弁護士などの専門家が議論を重ねている。今回の中間のとりまとめでは、確認の厳密さ(IAL)の強度にばらつきがあり〝なりすまし〟での当人確認性の担保(BAL)から、マイナンバーカードを活用するなど認証方法の細分化の検討が必要と指摘。透明性や信頼性、説明責任、情報の正確性や取り扱い目的の限定など、eKYC事業者のあるべき姿勢も示した。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています