マンションリフォームマネジャー試験のご案内

JCV 新サービス開発 ジェスチャーで勤怠管理 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 ソフトバンクグループの日本コンピュータビジョン(東京都港区)は、マスク着用時も判別できる「顔認証」と人のしぐさの「ジェスチャー」による判別を一体化させ、勤怠管理などに対応するアプリケーション『SenseThunder Attendance APK』を開発し、4月に提供を始めた。

 従来の温度検知機能付きの顔認証端末を用い、認証時に打刻の「目的」をタグ付けできるジェスチャー判別機能を追加した。従来の顔認証での打刻では一律、当日の最も早い時間の打刻が「出勤」、遅い時間で「退勤」となる。日をまたぐような深夜勤務や、3交代制などの複雑な勤務体系にはその都度の設定を要していた。これらを解消する。

 端末の画面に投影される「グー・チョキ・パー」などのジェスチャーを認識し、その動作にひもづけた「出勤」「休憩」「外出」「退勤」といった打刻の目的を判別して、勤怠認証を高速化する。ジェスチャーと顔認証を同時に行うため、瞬時に打刻できる。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています