【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

Fintertech 暗号資産を担保に住宅ローンを提供 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 Fintertech(東京都千代田区)は、「暗号資産」を担保として設定できる個人向けの「不動産ローン」の提供を始めた。

 同社は、暗号資産を担保とする『デジタルアセット担保ローン』を提供している。今回、これを不動産購入を目的とする利用にも対応させた。

 同社によると、海外で「暗号資産担保ローン」は、自宅やセカンドハウス、別荘などの不動産の購入時に活用され始めているという。

 同社の新サービスでは、年収制限なしで利用できる。購入する不動産の売買契約書を提示すれば、同社の独自審査でローンの可否を決定する。

 融資額は、200万円以上で10万円単位、最大5億円、契約期間は1年間で、延長可能としている。期中に全額返済もできるが、返済期日までは毎月の元本返済や利息の支払いも必要ない。貸付利率は実質年率で4.0%から8.0%に設定し、元利一括返済方式としている。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています